頚椎の低侵襲手術を受けて

50代の主婦”ららんら”と申します。2014年2月、頚椎ヘルニアを発症しました。 翌年5月、浜松の名医による低侵襲の頚椎手術で脊髄症状は改善しました(^^)v  2017年、たびたび起こる、手足の脱力の原因を神経内科で経過観察中です。

☆T先生の低侵襲手術の公式動画と解説が、SC病院HPにあります。(右側リンク参照)
  約1時間の手術動画の最後に、リスクや術後の再発等の解説があり、必見です(^^)

T先生の受診メール依頼は、『手術希望の方が対象』です。
痺れ等を発症した方は、
まずは地元の専門医に頚椎の病気どうかMRIを撮り、確定診断を受けて下さい。
主に『神経根症』の手術を希望される方が受診の対象です。
ヘルニア等は重症でない限り、
発症後、3ヶ月は保存治療で様子をみるのが基本だそうです。

医大神経内科再診②診察

そして診察。
脱力がおさまったと話すと、
良かったね~と喜んでくれた。

手足と首の力比べ。
先生が手や足を押さえ、
それに抵抗して動かしてみせる。

いい感じかな〜?
意外にも少し左足が弱くて、
太腿が持ち上がらない
アレレ~
何度かやり直して、合格

(力比べでいつも感じる。
自覚と違い、実際は左の方が悪い。
握力もそう)

まぶたが重く開けづらいのは、
相当軽くなった、と伝えた。

目が重く引っかかる感じと、
光が眩しいのはまだあるけど、
以前より軽快してるし。

先生が、
血液検査結果は、
筋肉の酵素が若干高めだけど、
問題ない範囲。

もし筋肉の病気とかだと、
もっと高値になる、との説明。

つまり、異常なし。

それから、
重症筋無力症の抗体検査結果は、
来月再診時になるとのこと。
その病名を聞いて少し驚いた。
そうなんだ…
四肢の脱力の除外診断か。

先生は、
筋肉の病気の鑑別には、
筋肉に針を刺すちょっと痛い、
ビリビリ電気が走るような検査もある。
(多分筋電図検査、神経伝達検査)

今、症状が悪くないなら、
どこまで検査の必要があるのか?
というところ…、
首の影響がどこまであるか、
ということもある…。

原因をはっきりさせたいなら、
入院精査の必要性を
次回、検査結果を見ながら、
考えていきましょう、とのこと。

症状の消えた患者を
入院精査なんてしないよね~

短い診察だったが、
日常生活で困る事はと聞かれ、

異常な疲労感は消えたが、
動くとすぐ疲れがちなこと、
階段や重い物を持つなど
負荷が加わると、
動きがまだトロクなる、と伝えた。

しかし、今日はマジ動きが良い。
階段も手すりなしで上れたし

思いがけず早く終わり、
検査結果も良かったので、
気分良く帰ろうとしていた。

ただ最後の会計でびっくり…
血液検査3本だけで…
ずいぶん高いなぁ…

脱力等の症状がない時に検査しても、
病気なら、
必ず数値
異常が出るのかな?

もし、そうじゃないなら、
ちょっともったいないなあ…

まあまあ、
もう良くなる良くなる…

医大神経内科再診①検査

医大神経内科2回目の受診。
受付後、すぐに血液検査。

体調は最悪時が10なら2くらい。

こんな調子の良い時に
わざわざ血液検査をして、
意味が有るんだろうか?
とふと思う。

だってペンギン🐧みたいに、
やっとやっと歩いてた最悪時、
髄液検査までしたのに、
異常無し、
って出たじゃん…?

どうせ異常無しだよ…

まあ、仕方ないか…
2時間ほど待つあいだ、
壁付けの長椅子が有れば楽だけど
時々、手で首を持ってれば良い~


現在、ほぼ脱力は、ない。
完治した!
と思うほど能天気じゃないけど。

このまま良くなれ~
そしたら、
原因なんかどうでも良いよね…!


悪くなるたび、どこへ行くべきか、
悩む事自体が最大のストレス…。


症状が強く出ると、
家族に迷惑がかかる。
半分、家庭内入院みたいに、
安静にしてないと、
症状が収まっていかないし、
易疲労感も加わったので、
ずうっとセーブして過ごしてる。


だけど今回、気持ちが変わった。
多分、症状の原因は分からず、
このまま過ぎていくんだろう…。

そりゃ悪化すると困るけど、
永遠にじゃないし。
これからは、
好きな事やるべき事を、
少しずつでも、やっていくつもり。

脱力?症状が強くなったのが、
少し気にはなるけど。
もう2度と起きないんだったら許す
ハハ…誰を許すんだろ~

悪化時は病院へ行くことが、
けっこう辛いんだけど。

重篤な病気の方が、
多く通院していることを思うと、
私なんか、取るに足らない症状だ、
これくらい我慢と自分に言いたくなる。

おかげさまで、
前ほど手足等の痛みも強くなく、
今はペインへ行く理由がないや。
じゃあ、CRPSでもなかったん?
痛みが減ったのは、
とにかく有り難い…

食事を見直すにも…

錦織 圭のマレー戦を待ちつつ、
このブログを書いてる…

13キロ痩せてしまってから、
正常値高血糖が2年続いた。
今度の健診で、
血糖値を下げたい。

今年に入り、
普通の食欲に戻ったら、
異常に糖質を摂りたくなった。
一番興味がなかったのに、
食欲がおかしくなったのかな…?

一時、肉が食べたくなったり、
生魚が欲しくなったり…、
身体がその都度欲しがってたのかな…?

ご飯やパンを、いっぱい食べて…
胃拡張にもなったみたい
体脂肪率が+5Kに。
体脂肪率は+8だ。

体脂肪率の急上昇に
仲の良いヘルニア仲間が、
電話でやさしく注意してくれた

はんせーい

勝手に体重落ちる時は、
病的だから例外として。

普通に戻って痩せようとしたら、
元気がある程度は必要だと分かった~
食事にも、運動にも、
頑張るには、体力気力がいるわ~

今、元気になってきたので、
まじめに気をつけ始めてる。
異常な糖質欲求が、
ようやく消えてホッとしたとこ


健診日までに、
成功するか分からないが、
努力は、していきたい。

今、薬をやめてる理由②

今、薬をやめてる理由が
もうひとつある。

現在、仕事をしていないから。

自分の体調に合わせて、
専業主婦業をやっていられるから
薬を飲まずに済んでいると言える。

だから、休薬が出来るのだろう。

3日前、久々に掃除機をかけてみた。
掃除機を触るのは、数ヶ月ぶり…

大丈夫だった。

脱力に伴い、易疲労感が出ると、
掃除機がけは、難しい。

脱力と易疲労感はどちらが先なのか…

脱力が先だったような…
はじめは、
ここまで酷い疲労感はなかった。
なんでこうなったんだろうな…

今年の血糖値が…

2年前の術直後から、
体重がどんどん落ちて、約13キロ減。
何の苦もなく、
スルスルと痩せていった。
ところが筋肉も落ち、
やつれた仕上がりになった
いわゆる激やせ状態で、
腰骨やあばらの骨が浮き出て、
まさに骨と皮状態…

美的痩身なら大歓迎なんだけど~

このままだと、
あと5,6キロは簡単に落ちそう…
そうなるとマジ病気…

さすがにヤバいと思って、
食べる努力を始めた。
でも、噛むとたちまち、
あごや首が疲れてくる
のど越しの良いものを選んだ。
野菜ジュースやヨーグルト、
柔らかいパン、何でも良かった。
適当…

すると、
健康診断で初めて、
正常値高血糖と出た
不思議…
こんなに痩せたのに、
初の異常値…なんでかな~?

と調べてみると、
溜め込みやすい
身体になったらしい

今年、薬を全部やめたら、
常にある胃痛や吐き気が、
ピタリと収まった。

すると、
スナック菓子も食べれるし、
ご飯も大丈夫
1月に外食が増えたら、
体重が増えた。

好きなように食べていたら、
体脂肪率が、グングンと増え、

体重は+2kだけど、
体脂肪率は一気に+5%…
どっちにせよ、
今年の血糖値が心配だ

ギャラリー
  • 坂道を上るのが大変
  • 坂道を上るのが大変
  • 歩行異常の兆し
  • ペインが遠い…
  • こわばり痛みと寒気
  • 湯たんぽ入れてくれた(・・;)
カテゴリー
記事検索
livedoor プロフィール
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:



にほんブログ村
QRコード
QRコード
LINE読者登録QRコード
LINE読者登録QRコード
最新コメント
  • ライブドアブログ